×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ハイビジョン」ってなに?

ズバリ「高精細度テレビ」の事で日本だけで使われている言葉です。世界的には「HDTV」と呼んでいる言葉がそれにあたります。このハイビジョンは最近出てきたものではなく、1960年代からNHKでアナログハイビジョンの研究が進められていました。
ハイビジョン映像は画面の縦横比が「16:9」と横長でアナログテレビと比較してきめ細やかで美しい映像が特徴です。 この違いが出る理由は「走査線の数」です。走査線とは、画像を表示するための電子ビームが走る水平方向の線です。この数が多ければ多いほど、映像は鮮明に映しだされます。従来のアナログテレビが525本(有効走査線480本)であるのに対し、ハイビジョンでは1125本(有効走査線1080本)と走査線の数が倍以上になってます。

テレビについて(液晶ディスプレイとプラズマディスプレイについて)

液晶ディスプレイは「テレビ」の他、「パソコンのディスプレイ」、「携帯電話」等、幅広く利用されています。この液晶ディスプレイで画像が表示されるのは、液晶分子の特性を利用する事で実現しています。液晶分子は液体の様な「流動性」があると同時に、結晶の様に規則正しく並ぶという性質を持っています。このディスプレイは2枚のガラス板の間に粘性の高い液晶分子が挟んだ構造になっています。 ガラス板は光を透過する様になっていて、また特定の向きの光だけを通す「偏向フィルター」が取り付けられています。また、液晶自体は発光しないため背後に「バックライト」を設置して、その光で表示を行います。そしてガラス板に電気信号を流す事によって液晶分子の向きを変えて規則的な配列にする事が出来ます。電気信号のON,OFFやバックライトからの光を加減したりして、ディスプレイの前面に表示されるようにしています。 さらにディスプレイの前面にはRGB(赤・緑・青)のフィルターを設置する事で、これらの色を組み合わせてカラーで表示する事が出来るようになります。

プラズマディスプレイは「蛍光灯」の発光に似た原理を採用しています。蛍光灯ではガラス管の中で放電させる事で紫外線を発生させ、その紫外線がガラス管内に塗布された蛍光物質に当たる事で、私達の目に見える光を出しています。
一方、プラズマディスプレイでは薄く張り合わせた2枚のガラス板の間で放電(プラズマ現象)を起こし発光させています。2枚のガラス板の間は僅か0.1mm程しかなく、 この間一面に亘って細かい隔壁で分けられています。この隔壁単位で放電が行われ発光する仕組みになっています。また、隔壁内では高圧の「希ガス」が封入されており、放電された時に発生した紫外線が隔壁内に塗布された蛍光物質に当たる事で発光しています。
このプラズマディスプレイはクリアな映像を表現できて大画面化、薄型化が容易に出来るというメリットがありますが、液晶に比べて消費電力が多く、使用している 蛍光物質の寿命に依存するため、液晶と比較するとその寿命が短いと言われています・・・

以下に何点か液晶、プラズマのテレビを紹介していきましょう

商品名・東芝・地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ REGZA 26C3700
<レグザ>の高画質をコントロールする「新メタブレイン・プロ」搭載感性に訴えるリアルな”質感”を再現「質感リアライザー」見やすい番組表で簡単に録画予約できる「レグザ番組表・ファイン」リモコンひとつで<ヴァルディア>に録画できる「レグザリンク」スリットから広がりのあるサウンド「ジェットスリットスピーカー」
●外形寸法/幅66.6×高さ51.4×奥行24.1cm
●パネル(画素)/IPS液晶パネル(1366×768)
●質量/13.9kg
●消費電力/118W(リモコン待機時0.6W)
●年間消費電力量/98kWh/年

詳しい商品説明をご覧になりたい方はコチラをクリック

商品名・EIZO・FORIS.HD DT27ZD1・27V型・地上・BS110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ

デジタル/アナログ接続に対応したPC入力端子・PCとのデジタル/アナログ接続の両方に対応した、DVI-I 29ピンのPC入力端子を搭載。1920×1200のWUXGA表示に対応し、本格的なPCモニターとしてもお使いいただけます。(詳しく商品説明をご覧になりたい方は上のテレビ画像をクリックして見て下さい)

商品名・ユニデン・TL27DX1 / 27V型地上・BS・110度CSデジタル液晶テレビ

高画質映像処理回路・マルチドメインカラーマッピング・液晶パネルで再現可能な色の範囲とハイビジョン規格、NTSC規格で想定している色の再現範囲は異なっています。その違いを補正するために複数の色領域を独立して補正可能なマルチドメインカラーマッピング処理を実装。領域ごとのきめ細かな補正によって、より自然な色合いを再現します。(詳しく商品説明をご覧になりたい方は上のテレビ画像をクリックして見て下さい)

商品名・Westinghouse 26V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ ブラック SK-26H262B
世界初のWaterfallテクノロジーウェスティングハウスでは、液晶テレビのあらゆる入力端子をテレビ本体の後部両側にレイアウト。さまざまな機能の設定が、きわめて容易に操作できる。しかも端子を集中して配列することによって信号の伝達距離が短縮され、抵抗と操作音が大幅に軽減。クリアな画像と快適な操作性を実現させている。これがウェスティングハウスが世界に先駆けて実現したWaterfallテクノロジー。

次はプラズマテレビを見ていきましょう・・・

商品名・HITACHI Wooo 37V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ P37-H01
メーカーより・・・「高画質ハイビジョンプラズマパネル(水平1024×垂直1080画素)採用により垂直方向の画素を変換することなく表示し高精細な映像が楽しめます。1画素1画素が自発光するプラズマテレビは、動画性能に優れています。映画やスポーツはもちろん、さまざまなジャンルの動きの速い映像を、残像を抑えてクッキリと美しく映し出します。」高精細フルHD対応の高性能画像処理エンジン「Picture Master Full HD」搭載。※(現在、この型番はメーカーでは生産されていません)

商品名・Panasonic VIERA 37V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンプラズマテレビ TH-37PX70
「ハイビジョンプラズマパネル」でキレイを実感・・・地上デジタル放送のクッキリと鮮やかで明るい映像を楽しめる。
映り込みを大幅に低減・・・「低反射クリアパネル」 反射光の明るさを低減させて映り込みを大幅に抑えた。肌の色が自然で美しいデジタル信号処理肌色の検出能力を向上させ様々なシーンで肌色をより自然な色合いで質感豊かに描写する表現力が向上。
高い動画解像度で動きに強い高速パルス型駆動で映像を表示するプラズマテレビだからこそ、動きの速いシーンも、動画のボケのない、見やすい映像を映し出す。
放送局からの映像信号をありのまま映せる「色再現」ビエラならデジタルハイビジョン放送のHDTV規格の色再現範囲を100%カバー。自然な色合いで楽しめる。

商品名・パイオニア・42V型地上BS110度CSデジタルハイビジョンプラズマTV
概要: パネル・チューナー・スピーカーを一体化したワンボディータイプのプラズマテレビ。上質なファニチャーのような洗練されたフォルム。大画面で高精細な画像、そしてパイオニアならではの音の再現力。繊細さと迫力に富んだ、映像と音の世界が広がりを実現。
デザイナーのコメント: パイオニアの標榜する、高品位な映像と音の世界をデザインとして表現するために、画面周りの要素を排除したレス・エレメントデザインを採用。シンプルでミニマルなデザインにより、映像の美しさを際立たせ、またインテリアにも調和し、上質なライフスタイルを演出します。

【ネット量販店】Bフレッツ+OCNで人気家電が激安

あのSMAPのCMで話題のNTTが提供する、インターネットサービス『Bフレッツ』に加入すると、大人気商品が驚きの激安価格で購入できる今までにない特別キャンペーン。
これからインターネットを始める方、光ファイバーに切り替える人は絶対見逃せません! それがオールインセレクションなんです♪

【商品ラインナップ♪】

【1】『19型液晶テレビ』価格14,800円!!▼省エネ基準もクリアした、地デジ対応の19型デジタルハイビジョンなんと家電量販では約60,000円で売られている商品です!
【2】『32型液晶テレビ』価格39,800円!!▼デジタル3波に対応した高スペックハイビジョン液晶テレビなんと家電量販では約100,000円で売られている商品です!
【3】『SONY PS3』価格9,800円!!▼最新のPS3を全3色を取り揃え激安の9,800円で提供!!
【4】『任天堂wii』価格1,980円!!▼誰でも遊べる直感操作♪光を繋いでさらに楽しく♪
【5】『ミニノートPC』価格4,980円〜!!今大人気のミニノートPC(ASUS・エイサー・東芝)の3種類を取り揃え、激安の4,980円からご提供!!
こんなチャンスは滅多にない!さあ、今すぐ申し込もう!

ハードディスクレコーダーについて

現在、売り出されているハードディスクレコーダーの中では「ハードディスク」と「DVD」に記録できる「ハイブリッド・レコーダー」が主流になっています。最初は記録型DVDだけに記録出来るDVDレコーダーが登場しましたが、ハイブリッド型の製品が出回り価格も落ちてきた2003年頃には、主役は取って変わりました・・・
他の商品として通常のハイブリッド・レコーダーにVHSも利用できる3in レコーダーも販売されています。例えばVHSで保存していた昔のテレビ番組などを、長期間画質が劣化しないDVDやハードディスクにダビングする際大変便利です。VHSを装備している分、本体は大きく、値段も少し高くなりますが、既存のVHS機器等からの買い換えや、ダビングの必要がある人等に人気があります。
では、実際の商品を見ていきましょう・・・

商品名・パイオニア・HDD/DVDレコーダー・DVR-WD70
「デジタルハイビジョンダブルチューナー」(地上・BS・110度CSデジタル×各2)搭載により、2番組同時録画が可能になりました。快適な録画予約や再生操作高精細ハイビジョン表示によるきれいで見やすい「番組表」&「ディスクナビ」で、快適な録画予約や再生操作を実現しました。

商品名・東芝・ハイビジョンレコーダー RD-X8
機能・1.くっきり高精細技術「XDE?」DVDソフトほか、さまざまなコンテンツを高画質映像で再現。
 2.フルハイビジョン7倍録画ハードディスクにフルハイビジョンで長時間録画。
 3.DVDフルハイビジョン記録(HD Rec)ふつうのDVDディスクにもフルハイビジョンで手軽に残せる。

詳しい商品説明をご覧になりたい方はコチラをクリック

商品名・パイオニア・ スグレコ BSアナログチューナー搭載 HDD&DVDレコーダー HDD160GB DVR-540H
業界初。HDDの増設が可能、必要に応じて録画時間を増やせるHDD&DVDレコーダー増設用HDDを専用ケーブルでつなぐだけのかんたん接続。また、増設用HDDは何台でも増やす(繋ぎ換える)ことができるため、必要に応じて録画時間を増やすことができる。内蔵HDDと増設HDD間でのダビングや、増設HDDへの直接予約録画、追いかけ再生も可能。また、音楽CDをHDDに録音できる「ジュークボックス」機能に、新たにMP3やWMAファイルをCD-R/RWからHDDへ取り込める機能を追加。アマゾン・カスタマーレビューも評価高いです。

商品名・DXブロードテック・ ハイビジョンDVDレコーダーVHSビデオ一体型 HDD250GB DVHR-D250
●人気の3in1モデルに、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナーを内蔵。将来にわたり、多チャンネル・鮮明画像の番組が自在に楽しめます。 ●250GB HDDに、ハイビジョン録画が手軽にできる。 ●デジタル1番組・アナログ1番組の、2番組同時録画ができる。 ●HDD・DVD・VHS間で、簡単6方向ダビングができる。 ●電子番組表(EPG)(デジタル放送のみ)で、7日先まで画面上で簡単に番組検索ができる。 ●HDMI出力端子を搭載し、ケーブル1本で高品質な映像と音声を伝送できる(HDMI端子搭載機種のみ)。 
この商品は本当に様々な機能が満載で、お買い得商品だと思います。

商品名・パナソニック・ハイビジョンDVDレコーダー・DIGA・XW120
高画質で楽しめるフルハイビジョン映像。XW120なら、フルハイビジョンのままで従来の約4倍※1長く録画。HDDの容量を気にすることなく気軽にフルハイビジョン録画が楽しめます。ディーガならお求めやすいDVD※4で、高画質フルハイビジョン録画が楽しめます。
DVD-RAM/DVD-Rなら約1時間40分※3、片面2層のDVD-R DLなら約3時間※3フルハイビジョン録画が可能。長時間映画も1枚のDVDに収まるほか、繰り返し聞きたい語学番組などをまとめておくのにも便利です。

詳しい商品説明をご覧になりたい方はコチラをクリック

CPRMってなに?・・・

デジタル放送では「コピーワンス」が採用され、メディア等への複製は認められていません。しかし、ユーザーの利便性を考慮し「ムーブ」という形でのメディアへのデータの移動が出来る事になっています。ただし、それは「CPRM」(content protection for recordable media)に対応したDVDメディアでなければムーブ出来ない事になっています。
これまでDVDでは、「CSS」という保護技術が採用されていました。しかし、クラッカーによってその暗号は解読されてしまい、現在ではインターネット等で入手出来るソフトなどを使えばデータを抜き出しコピー出来る様になっています。そこで新たに開発されたのがCPRMです。
CPRMに対応したメディアには、固有の「メディアID」と「MKB」(media key block)と呼ばれる情報が記録されています。また、レコーダーには「デバイス・キー」が用意されていて、このデバイスキーとMKBを組み合わせて生成されたメディアキーをメディアIDと組み合わせる事で、暗号化を行いデータを記録します。例え、他のメディアにデータをコピーしたとしてもメディアIDやMKBが異なるため復号時に必要な鍵を生成出来ず、再生できない仕組みになってます。・・・・・